10/23/2017

2017/10/23 New Papers(Nature, etc)


2017/10/16~22

Nature Climate Change
1. Coral bleaching pathways under the control of regional temperature variability
C. E. Langlais, A. Lenton, S. F. Heron, C. Evenhuis, A. Sen Gupta, J. N. Brown & M. Kuchinke

2. Weakening of the North American monsoon with global warming
Salvatore Pascale, William R. Boos,         Simona Bordoni, Thomas L. Delworth, Sarah B. Kapnick, Hiroyuki Murakami, Gabriel A. Vecchi               & Wei Zhang

Nature Communication
3. Younger Dryas ice margin retreat triggered by ocean surface warming in central-eastern Baffin Bay
Mimmi Oksman, Kaarina Weckström, Arto Miettinen, Stephen Juggins, Dmitry V. Divine, Rebecca Jackson, Richard Telford, Niels J. Korsgaard & Michal Kucera

4. Coralgal reef morphology records punctuated sea-level rise during the last deglaciation
Pankaj Khanna, André W. Droxler, Jeffrey A. Nittrouer, John W. Tunnell Jr & Thomas C. Shirley

Geology
Nature
Nature Geoscience
PNAS
Science
no relevants

10/20/2017

日豪サンゴ礁シンポジウム

こんにちは、M1の畑中です。

前回のブログの通り、横山研のメンバーは9月5日から15日の11日間、国際セミナーに参加していました。この国際セミナーは戦略的パートナーシップに関連して創設された集中講義であり、今年度はANUの学生と東大の学生が合わせて約30人参加し、他にはない濃く充実した貴重な経験をすることができました!


さて、今回はそんな2週間にわたる”国際セミナー”の直後、横山先生が参加・講演された日豪サンゴ礁シンポジウムについてレポートしたいと思います。


シドニー大学で開催されたこのシンポジウムでは、日豪両国から多くの研究者が集積し、今後も九州大学の浅海底フロンティア研究センターを中心に毎年シンポジウムを継続していくことを確認したそうです。その後、先生はキャンベラにて大学院生の平林さんと佐藤さんと合流され、オーストラリア国立大で分析と今後の交流についての打ち合わせなどを、先方の研究者と行って来たそうです。地球科学研究所の所長や副所長との会談のほか、シャンテールやレズたちとも再会を果たし充実した滞在となったようでした。
以下写真です。




シドニー大でのシンポジウムの様子



シドニー大でのワークショップ。学生も入って議論も白熱。
主催者の一人、シドニー大のOne tree island research stationの副所長も務める Ana Vila Concejo准教授。
言わずと知れたシドニーのランドマーク。
キャンベラのANUから見えるブラックマウンテンの景色。

10/19/2017

国際セミナー

95日から15日の11日間、Australia National University (ANU)の学生と東京大学の学生、約30人で国際セミナーを開催しました。

今回の国際セミナーは横山研究室が主催者となり、東京大学地球惑星科学専攻の修士学生を中心に学部生も含めて約15人が参加しました。 ANUの学生も主に地質学や地球化学を専攻している学生が集まりました。
11日間で、東北地方(女川、気仙沼、名取市など)、富士山と富士五湖周辺、遠州(袋井、浜松)、などを巡りました。


東北地方では、津波の被害や影響を見て回りました。

東北大学女川フィールドセンターを訪れた際、女川町の病院前にて
柱の左上、赤い線が津波の到達ライン (写真:Matthew Teh)

岩沼市民図書館に展示されているジオスライサー、最上部に東日本大震災の津波堆積物が確認できます。
ジオスライサーの説明を英語に通訳する横山先生
(写真:Aynslie Jewell)

東北から富士山への移動のなか日、富士通川崎研究所を見学しました。地震や津波などのシミュレーションについての説明を聞きました。
富士通川崎研究所のエントランスにて


富士山周辺での活動では、富士山科学研究所の研究員の方々に案内をしていただきました。
山梨県富士山科学研究所にて(写真:Jeremy Mole)

 西湖コウモリ穴を見学しました。溶岩洞穴の成り立ちや溶岩の性質について講義を受けながら廻りました。
西湖コウモリ穴にて (写真:Jeremy Mole)

 富士山の宝永山頂まで登りました。 登山途中、各チェックポイントで溶岩や火山噴出物の説明を受けました。
宝永火口付近にて (写真:Holly White)

遠州では、太田川低地(袋井市)の河川敷で津波堆積物を見学。浜松では「新井の関所」が過去に自然災害によって移転を強いられた歴史も学びました。
太田川低地にて (写真:Dennis Lissogourski)


最終日は各グループごとに自分たちの最も印象に残ったトピックを取り上げてスライドを作り、発表会を行いました。
プレゼンするMattとGroup D


ANUの学生たちと勉強し、フィールドワークをし、共に過ごした11日間は大変充実した日々でした。オーストラリアの同世代の友人がたくさんでき、楽しい時間を過ごしたと共に、お互いの文化の違いも共有できました。

また個人的には、各目的地のフィールドにてゴミを拾うANUの学生達を目にし、自然に敬意をはらう彼らの姿勢を学びました。

実際に足を運び自分達の目で見たことで、大きな被害に遭いながらも自然災害と向き合いながら生きていく日本の姿を実感することができました。ジオハザードの研究を進めていく意味を改めて確認した巡検でした。

#GeohazardsNCP (on Facebook, Twitter, Instagram)

「神の倉の津波石」の前にてGroup photo
Say "RIAS" !!



New Papers (Nature, Science, etc ...) 2017/10/9~10/15

New Papers (Nature, Science, etc ...) 2017/10/9~10/15
Science
1.     Influence of El Niño on atmospheric CO2 over the tropical Pacific Ocean: Findings from NASA’s OCO-2 mission
A. Chatterjee, M. M. Gierach, A. J. Sutton, R. A. Feely, D. Crisp, A. Eldering, M. R. Gunson, C. W. O’Dell, B. B. Stephens, D. S. Schimel

PNAS
2.     Formation of most of our coal brought Earth close to global glaciation
Georg Feulner

3.     Katabatic winds diminish precipitation contribution to the Antarctic ice mass balance
Jacopo Grazioli, Jean-Baptiste Madeleine, Hubert Gallée, Richard M. Forbes, Christophe Genthon, Gerhard Krinner, and Alexis Berne


Nature Communication
4.     Correspondence: Numerical modelling of the PERM anomaly and the Emeishan large igneous province
Trond H. Torsvik & Mathew Domeier

Geology
5.     Cassiterite U-Pb geochronology constrains magmatic-hydrothermal evolution in complex evolved granite systems: The classic Erzgebirge tin province (Saxony and Bohemia)
Rongqing Zhang, Bernd Lehmann, Reimar Seltmann, Weidong Sun, Congying Li

6.     What conditions are required for deltas to reach the shelf edge during rising sea level?
Jinyu Zhang, Ronald Steel, Cornel Olariu

Others
Journal of Climate
7.     No Access Widening of the Hadley cell from Last Glacial Maximum (LGM) to future climate
Seok-Woo Son, Seo-Yeon Kim, and Seung-Ki Min


Quaternary Geochronology
8.     Improving chronological control for environmental sequences from the last glacial period
Rebecca M. Briant, Fiona Brock, Beatrice Demarchi, Harold E. Langford, Kirsty E.H. Penkman, Danielle C. Schreve, Jean-Luc Schwenninger, Sheila Taylor

9.     Discriminating luminescence age uncertainty composition for a robust Bayesian modelling
Christian Zeedena, Michael Dietze, Sebastian Kreutzer

Nature Climate Change
Nature Geoscience
Nature

No relevant

New Papers 2017/10/9-10/15 (AGU, EGU, GSA)

New Papers 2017/10/9-10/15 (AGU, EGU, GSA)

Geophysical Research Letters
1. ENSO weather and coral bleaching on the Great Barrier Reef, Australia
Hamish McGowan, Alison Theobald

2. Large-scale seasonal changes in glacier thickness across High Mountain Asia
Qiuyu Wang, Shuang Yi, Le Chang, Wenke Sun

3. Ice and snow thickness variability and change in the high Arctic Ocean observed by in-situ measurements
Christian Haas, Justin Beckers, Josh King, Arvids Silis, Julienne Stroeve, Jeremy Wilkinson, Bernice Notenboom, Axel Schweiger, Stefan Hendricks

Paleocenography
4. Stable oxygen isotopes and Mg/Ca in planktic foraminifera from modern surface sediments of the Western Pacific Warm Pool: Implications for thermocline reconstructions
Martina Hollstein, Mahyar Mohtadi, Yair Rosenthal, Paola Moffa Sanchez, Delia Oppo, Gema Martínez Méndez, Stephan Steinke, Dierk Hebbeln

5.Timing of Deglacial AMOC Variability from a High-resolution Seawater Cadmium Reconstruction
Shannon Valley, Jean Lynch-Stieglitz, Thomas M. Marchitto


Climate of the past
Geochemistry, Geophysics, Geosystems
JGR: Oceans
GSA Bulletin

no relevant